あなたは糖尿病の合併症について

どのあたりまでご存知でしょうか?

 

 

コチラで、糖尿病の合併症や予防薬について

紹介していますので良かったら参考にしてみてください。

 

 

糖尿病のことを知れば知るほど、

合併症の怖さがわかってきます。

 

 

失明、透析、壊疽などなど。

こんなに怖いことなる前に予防ができたら、最高ですよね。

 

 

もちろん、普段の治療を頑張るのは当然のことですが、

合併症予防に特化した予防薬があったら・・・!なんて思いませんか?

 

 

ぜひ利用してみたい!という方も

たくさんいらっしゃるはずですよね。

 

 

というわけで、今回は糖尿病の予防薬に

ついて調べてみることにしました。

 

 

そもそも、糖尿病の合併症って何?

糖尿病が悪化したり、血糖コントロールがうまくいかずに

血糖値高いままになってしまうと、体にさまざまな異常が起きます。

 

 

これが合併症です。

 

 

糖尿病の合併症にはたくさんの種類があり、冗談ではなく

全身の体のあちことに症状が出てしまいます。

 

 

その中でも次にあげるものは三代合併症と呼ばれています。

 

 

糖尿病性神経症

手足のしびれ、足の感覚が鈍る/おかしくなる、

などの比較的軽い症状から始まり、だんだんと便秘、

立ちくらみ、壊疽などに進行していきます。

 

 

糖尿病性網膜症

網膜で出血が起こると、失明につながります。

 

 

高血糖で脆くなった血管は、健康な血管と比べて

とても出血しやすいため、注意が必要です。

 

 

糖尿病性腎症

高血糖が長く続くと、だんだんと腎臓の機能が

低下していきます。

 

 

放置すると、最終的には人工透析や移植を

行うまでに悪化してしまいます。

 

 

どの合併症も、発症すると日常生活に深刻な影響が

ありますが、血糖コントロールを適切に行えば防げる

可能性が非常に高いのです。

 

 

糖尿病の合併症に予防薬はあるの?

既に述べたように、糖尿病の合併症にはさまざまな

種類があります。

 

 

そのため、「これを飲めば合併症が起きない!」などという

万能薬のようなものはありません。

 

 

強いて言うならば、いつもの治療が合併症の予防薬なのです。

 

 

食事療法、運動療法、薬が処方されていればいつもの薬、

必要ならばインスリンなど、糖尿病患者さんには馴染みが

深いこれらの治療は、何のために行われるのでしょうか?

 

 

血糖値を下げるのは何のためなのでしょうか?

 

 

糖尿病治療の目的をはっきりさせると、

地道な努力も続けやすくなりますよ。

 

 

まとめ

・糖尿病の合併症には、三代合併症以外にもさまざまある

 

・糖尿病の合併症にはこれ!というような万能薬はない

 

・糖尿病の合併症に良いのは、日々の治療!

 

 

まだ合併症が出ていないという方は、その状況に

感謝をしましょう!

 

 

このまま合併症なしで過ごすために、コツコツと

治療を続けていってくださいね。